2010年09月29日

MSI N460GTX CYCLONE 1G OC/Dでクロック調整

前回オーバークロックしても、CPUが足を引っ張っているのかスコアが伸びませんでした。

AfterBurnerはオーバークロックだけではなく、ダウンクロックもできます。

さらに、2Dと3Dアプリケーションで設定を変更することもできるので、2Dの時は省電力モード、3Dは爆速モードで設定してみます。

まず標準設定を保存しておきます。

saveボタンを押し、2をクリック

【2D設定】
Core Voltage(mV):825
Core Clock(MHz):540
Shader Clock(MHz):1080
Memory Clock(MHz):1350
Fan Speed(%):Auto

この設定にしてApplyボタンを押し、saveボタンを押し1をクリック


【3D設定】
Core Voltage(mV):1087
Core Clock(MHz):910
Shader Clock(MHz):1820
Memory Clock(MHz):1840
Fan Speed(%):Auto

この設定にしてApplyボタンを押し、saveボタンを押し3をクリック

settingsボタンを押し、全般タブで下記にチェック

・Windows起動時に起動
・最小化状態で起動

プロファイルタブで

2Dプロファイル:1 0.825V/540MH/1350MHz/Auto
3Dプロファイル:1.087V/910MH/1840MHz/Auto

を選択し、OKボタンを押したら出来上がり。



ためしに2DプロファイルでFF14ベンチを実行したら
Score=1786で下がっていることは確認できました。

やっぱりCPU待ちですね。
posted by Seaker at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40998795

この記事へのトラックバック