2010年10月01日

CPU交換

前回GPUの交換でCPUへの依存度が結構高いことがわかったのでCPUも交換しました。

AMD Phenom U9500 Quad-Core Processor 2.2GHz



AMD Phenom U9500 X6 1055T 2.8GHz

CPU Benchmarkによるスコア差にすると+2893と倍以上の性能のはず。

【GPU設定】
Core Voltage(mV):1000
Core Clock(MHz):725
Shader Clock(MHz):1450
Memory Clock(MHz):1800
Fan Speed(%):Auto

≪ベンチマーク≫
Low Score=3702
High Score=2860

ようやくLowとHighの差が出ました。
CPUは1つのCPUを80〜90%使い続けるが後は30〜50%しか使っていませんでした。

このベンチマーク自体最適化する必要がありそうですね。

ではGPUをオーバークロックしたときも測定します。

【GPU設定】
Core Voltage(mV):1087
Core Clock(MHz):910
Shader Clock(MHz):1820
Memory Clock(MHz):1840
Fan Speed(%):Auto

≪ベンチマーク≫
Low Score=3648
High Score=2853

オーバークロックはやはり変わりませんでした。

FFについては効果ないのかまだCPUパワーが足りないのかAfterBurnerは省電力用のダウンクロックツールとしてはかなりつかえるということがわかりましたので、プロファイルの自動切換えで2Dはダウン3Dは標準にしようと思います。


いろいろ交換してわかった事は、まずCPUを変えろと言うことです。

CPU Benchmarkを見て自分のCPUのスコアが2000台なら交換してみましょう。

それでも満足いかないときにGPUを交換しましょう(お金もったいないです)。

GTX460は満足いく動作をします。
ただ、世間で言うヌルヌルした動きはLow時しか見れませんので、お金に余裕のある人は上位モデルを買う方が良いかも知れませんモバQ
posted by Seaker at 12:15| Comment(84) | TrackBack(0) | 日記